出会いはタイミング。友人の結婚式で大学の同級生と再会、結婚するまで

さちちゃん 年代:30代
地域:北海道
目次

彼氏という他人が面倒だった

正直、無理をしてまで彼氏をつくる必要がないと思っていました。

無理をして、自分を作りこんで合コンなどに参加した時期もありましたが、少しも楽しくないし疲れるだけで、

彼氏を探すどころではありませんでした。

メイクやファッションを女性らしくして男性に振り向いてもらうこと、に楽しさを見出すこともできるのかもしれませんが、私にはできませんでした。

それよりも、仕事に打ち込んだり、趣味の読書や手芸にお金をかけているほうが楽しく、日々の充実を感じることができました。

私の世界に他が入ってくると面倒だと思っていたような気がします。

一人でなんでもできる、と思っていたと思います。

今考えれば自己中心的な考え方ですが、ずっと独身のままでも楽しく暮らせるかもしれない、と思っていました。

自分と親の年齢に焦りを感じ始める

彼氏というより、結婚しなくては、と思ったきっかけは親の病気でした。

命にかかわるものではなかったのですが、母が入院したときに、「いつまでも子供のつもりで自由に遊んでばかりではだめだ、親孝行をしないと」と思いました。

自分は若いつもりでも、確実に歳をとっていることを実感させられたのです。

いつかは結婚して子供が欲しいと思ってはいましたが、30歳を間近に少し焦りを感じたのを覚えています。

私は次女ですが、姉妹のだれも結婚していなかったことも思いを強くする要因だったと思います。

でも自然体でいられる彼氏じゃないとだめだ、という気持ちが大きかったので、どうするものかと悩んでいました。

大人になってからの再会。自分をよく見せようとしなくていい関係が楽だった。

実際、彼氏(夫となる人)を見つけることができたのは共通の友人の結婚式で、再会したことがきっかけでした。

彼は大学時代の友人です。

なので、将来夫となる人には、10代のころにすでに出会っていたということになります。

学生の頃はまったく異性としてお互い意識していなかったのですが、年齢を重ね、タイミングが合ったという言葉が一番しっくりきます。

それぞれ卒業してから社会人になって、いろいろな経験をしてきたからこそ再会したときに惹かれあったのかな、と思います。

すでによく知っている人だったので、私も彼も、自分を良く見せようとする必要はなく、気持ち的に付き合っていて楽だったのを覚えています。

両親が喜んでくれる相手に出会えたことがとても誇らしく、嬉しい。

とても自然体でいられる彼氏だったので気が楽でした。

付き合ったから生活が変わる、ということもなく自然に私の人生に彼が入ってくる感じです。

なので、付き合って1年で結婚しました。

お互い、細かいことが気にならない性格だということもありますが、一緒に暮らしていて苦にならないというのはなかなかないことだと思うので、この人以外ありえないな、と今でも思います。

両親がとても喜んでくれたことが一番嬉しいです。彼の仕事の関係で引っ越すことになり、私は仕事を辞めましたが悔いはありません。

人生の転機だな、と思って少しは悩みましたが、今では彼についてきてよかったと思っています。

あわせて読みたい
中学の同級生と再会。一目惚れしたカッコいい彼氏との初恋愛! 【学校に行きたくない悩みと異性に興味がなかった私】 私は小さな頃からピアノを習っていて、ピアノが大好きで毎日ピアノの練習に明け暮れていたので、彼氏が欲しいとか...

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
トップへ
目次
閉じる