恋愛未経験の女が居酒屋でたまたま隣に座った男性と恋に落ちるまで。

みんみさん 年代:30代
北海道
目次

恋愛未経験

彼氏いない歴19年でした。

片思いの男性はいたし告白をしたこともありましたが、失恋したことは二回。

その頃はヴィジュアル系バンドにハマりすぎていたので、恋愛をするというより見た目でステキな人がいたら、
見てるだけで幸せ、好きな人というのは手の届かないものだと思ってました。

なので、好きなバンドのギタリストに似てるからという理由でその人が好きだと思い込んでいたことも。

とにかく、恋愛未経験、未発達、未体験の三拍子です。

男性に食事に誘われても緊張からか盛り上がることもできません。

彼氏というものに憧れすぎていても現実はどうしたらそうゆう相手と出会えるのかも全くわかりません。

周りにいる友人達は彼氏とデートして楽しそうにしてましたが、私は仕事と家の往復で日々がすぎてました。

大人になりたい!

当時は19歳でしたので、そろそろセックスしてみたいという気持ちが湧いてました。

それが一番だったのかもしれないです。

年頃ですので、一通り体験してみたかった。

普通に食事したり、毎日メールしたり、束縛しあったり、一日中セックスしたり。

ドラマでみるようなキュンとした経験をしたことはなかったので、本当に恋愛というのはそうゆうものなのか気になってました。

そんなに可愛くない友達でも、彼氏が次から次にくるくる変わる人もいて、どうしてそんなに出会いがあるのか、私にも教えてほしいと、本気で思ってました。

女友達と遊び歩くよりも楽しそうにしている友達をみていても、羨ましく思えました。

自分はいつも独りだと孤独を感じていました。心も身体も寂しすぎでした。

再会

仕事終わりにいつも行く大衆居酒屋に女友達と行きました。

仕事の愚痴やら笑い話を大声で話してました。

その時箸を落とし、隣の席の下に落ちました。

それを取りに行ったところ、仕事大変なんだな、話聞いてあげるから一緒に飲もうと言われ隣のテーブルに合流させてもらいました。

その方達は公務員でした。

もうすでに散々飲酒していたので、どんな話をしていたかまでは覚えていませんがとても楽しい時間でした。

そろそろ帰ろうかと思った時に、「俺、おまえのこと知ってると思う」と話されました。

それで、よくよくじっくりと顔を見たところ、地元の同級生でした。

小学校で人気者だった彼でした。

地元から離れていた私達が再会したのです。

その後、何度か二人で会い、告白されました。

恋してる。

彼氏が出来てからの生活は今までとは全く別世界でした。

いつでも私に優しくしてくれる家族以外の存在に幸せを感じました。

夜になれば数時間の電話。時には、夜中に近所で待ち合わせて散歩。

休みを合わせてデートなど楽しい日々を過ごしました。

もちろん初めてのセックスも彼です。

全てが初体験というような、心がいつも浮かれているようなそんな日々に変化しました。

信用できる人がいる、その人だけは信じられるという存在ができると人は強くなれる気がします。

彼氏がいなかった時は知らなかったそんな感情を知れて良かったです。

あと、料理が上手くなりたいと強く思いました。

女らしいと思われたかったんでしょうね。

可愛い自分も発見しました。

あわせて読みたい
田舎から都会へ!電撃時な出会いで恋愛未経験から豊かな人生へ 【部活に没頭しすぎた末路】 中学校では吹奏楽、高校では野球部マネージャーの部活をしていました。 吹奏楽時代は朝一から下校時間ギリギリまで練習をし、野球部のマネ...

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
トップへ
目次
閉じる